• 2年生カレッジは州立大学が多く学費が経済的です。
  • 2年間で正式な学位(準学士号)が取れて卒業ができます。
  • 卒業後はアメリカ、または日本の大学に編入学できます。
  • 将来の専攻科目や進路を2年後に決められます。
  • アメリカと日本の2つの大学学位を修めることができます。

2年制の短期大学・カレッジは、近年最も発展した教育制度のひとつです。その理由は、 教育の国際化、成人教育の重点化を視野に入れて、世界各国が多くの教育予算をつぎ込んでいるからです。
そのために、学費が4年制大学に比較して半分程度の予算で学べるため、日本の国立大学の学費より 安く学べる大学もあります。2年制大学のもうひとつ利点は、学位や資格を2年間の履修コースで獲得できることです。 必要な学位を取得してから現地の4年制大学へ転入ができるのと共に、日本の多くの大学が国際化のもとで提唱している 「単位認定制度」のもとで、現在は日本の大学へ編入学が可能になりました。

2年制大学進学メリット

2年制留学は国際進学に最適

海外進路

近年は、日本の文部科学省の方針として「教育のグローバル化」が強く提唱されています。 日本の大学を世界ランクに入れようという試みの元で、日本人の海外留学が推奨されるようになりました。 高校卒業後の大学留学は、正式な進路として認められています。
同時に、日本の大学進学者の短期留学や在学中の海外研修など、多様な留学機会が重要な催しとして進められています。 海外提携校を持つ大学も増加し、多くの大学が海外からの留学生の受け入れを行うようにもなりました。
高校を卒業後に大学留学する生徒は、英語を高いレベルで習得して、外国大学学位と、日本大学学位を加えて取得することが 可能になりました。高校卒業生の、将来への有意義な取り組みとして2年制大学への進学を視野に入れて下さい。