GMAT ジーマット

GMAT title

GRE Graduate Record Examination

GMAT(Graduate Management Admission Test)は、
MBA(Master of Business Administration)の資格取得を目指してビジネススクールに出願する時に、受験点数の提出がを求められるテストです。
ビジネススクール(経営大学院)で学ぶために必要となる分析的思考力、言語能力、数学的能力を測るテストです。 ビジネススクール入学合否を決める参照能力となる共通試験とされています。

以前はアメリカのビジネススクールの出願条件であったGMATは、近年、世界中のビジネススクールの多くで出願に際してこのスコア提出を要求するようになりました。 テストはアメリカのGMACにより主催されています。コンピュータで行われるテストで、世界110ヶ国、500の常設試験会場において実施されています。

■GMATは、
1)Analytical Writing Assessment(英語論文)、
2)Quantitative Reasoning(数学)、
3)Verbal Reasoning、
の3つのセクションから構成されています。

1)Analytical Writing Assessment は、英語文章力と分析思考力をみるライティング・テストで、
Analysis of an Issueと
Analysis of an Argument
の2形式の各1問が出題されます。

試験時間は各問30分。
2)Quantitative は、数学的な能力を判定するテストです。計算能力、基礎的代数学、幾何学の知識や、 データ分析力が問われる問題が出題されます。
Data Sufficiency と Problem Solving の2パートに分かれており、問題数は計37問で、受験時間は75分です。 数学のレベルは、日本の高校程度なので、数学教科が得意な人には難しくないセクションです。 3)Verbal Reasoning は、言語能力を判定するセクションです。
①Reading Comprehension、
②Critical Reasoning、
③Sentence Correction、
の3パートから成り受験時間は75分間です。問題数は計41問で多肢選択方式です。

■GMATのスコアは800点満点です。現在の平均点は530点以上と発表されています。 出願先の経営大学院合格のためのスコアレベルは、大学院のプログラムやレベルによって異なりますが、 この平均点を下回らないことが最低の条件といわれています。スコアの有効期限は受験後5年間です。 トップレベルのビジネススクールへの出願合否は、600点台後半から700点台が平均ラインといわれています。

ページの先頭へ