大学留学プログラム参加者の声

エースの大学留学に参加された皆様から、多くの体験談、感想を戴いてきました。

エース大学留学参加者の体験談ご紹介

London City University -England
●芳井将星君
高校卒業後→FSC→BA/Economics

ロンドンへの留学を希望していたので、当初はロンドン大学群の Kings CollegeやLSEへ進学を考えていました。 しかし、ロンドン大学群のカレッジは何れも日本の高校卒業生が進学するにはFSCを修了したとしても学習課題内容のレベルが高く、 大学内進級が難しいことをエースのカウンセラーから説明を受けました。その結果、学士課程を City Collegeで、その後の Post Graduate コースをLSEで学ぶ合計4年間のコースで留学を申し込みました。ロンドンに到着後、最初の6ヶ月間はINTO-FSCで基礎科コースを学び、 順調に City Collegeに入学することができました。先日、LSEの学生と学生交流会に South Kensingtonで合う機会があって話を聞いたところ、 LSEは入学翌日からケインズの懐疑論レポートの宿題が出て毎日のレポートだけでも相当ハードだと聞き驚きました。

University of Exeter -England
●荘重沙羅奈さん
大学卒業後→プレマスター→MA/English

エクセター大学の大学院 College of Humanities で English 学科を専攻しています。 このコースを選んだのは、私が京都の大学で英語・英文学を専攻して卒業したことです。 ブリテッシュ・カウンシルの資料で、ロンドンや都市部の大学は学生数多く、居住費が高いことを知り、 リーゾナブルな予算で学べるエクセターを選びました。この学問を可能な限り極めて、将来的に言語学や英文学にかかわる仕事に就きたいと思います。 ここの大学院では MA English Literary Studies: Modern & Contemporary 専攻に入学して、主に近代の文学表現を研究しています。 研究内容をトーマス・ハーデイ文学に絞り、"A Group of Noble Dames"など代表的な文学研究を進めています。彼の故郷ドーセットの生家を 訪ねたり、ハーデイの子孫の方にお会いして話を伺い、私なりにまとめた論文で大学院よりA評価をもらいました。

San Diego State University -America
●吉本理奈さん
高校卒業後→ESL→BA/TEFL

私は自分が横浜出身だったこともあって、横浜市の姉妹都市アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴの SDSUに留学しました。 当初は USD:University of San Diego と SDSUのどちらに留学するか悩んで、エースの留学カウンセリングを受けたところ、 英語の教育に興味があるのなら、SDSUの言語学部 TEFL(英語指導学科)が良いと推薦されました。 SDSU キャンパス施設はすばらしく、図書館もさることながら言語学部には Dr. Gaskill先生など、全米でも有名な教授方が在籍しているので、 内容の濃い授業を受けられたのでとても満足しています。サンディエゴは季候が良く、海が美しく、住みやすい港町でした。

Irvine College -America
●米倉絵麻さん
高校卒業後→日本でTOEFL ibtスコア獲得→AA/Liberal Arts

アメリカの2年制カレッジは学費が安いので、大学留学は、そこからスタートしようと考えていました。アーバイン・ カレッジを留学先に決めたのは、卒業後にカリフォルニア州立大学に編入できるのと、LAや海岸部に近く、生活環境が自分に合っていると思ったからです。 私の進学したアーバイン・カレッジには、英語講座の ESLがあり、英語学習に来ている日本人が多く在学しています。そこから学位コースに 上がってくる人もたくさんいます。しかし、これからアメリカの大学へ正規留学することを決めている人は、 日本で事前にしっかり英語とTOEFL iBTの勉強をして直接大学へ入学するのが、時間のムダが無く経済的なプランだと助言します。

Thunderbird School of Global Management -America
●大藤佐帆美さん
大学卒業後→エースTOEFLコース参加→MBA

日本の会社勤めをするかたわら、アメリカの大学院で MBAを取得することを目標にして準備をしてきました。 西海岸方面の著名な大学院の MBA合格を目指してTOEFL ibtテストと、同時に GMATの勉強もしました。 MBA出願は TOEFL iBT-100点以上が基準ですが、上位の大学院では TOEFL iBT-110点以上を出願条件としているところもあり、 留学の2年前から学習をスタートしました。毎週末はエースの TOEFL集中コースを受講し、 読解は満点を目指すために TOEFLの基礎単語から見直す徹底した学習をしました。結果 TOEFL ibt 101点に到達できました。 しかし GMATの点数は、スコアがなかなか伸びずに苦戦、結果エースのガイダンスに従って、 GMATを参照提出条件とするアリゾナ州サンダーバード国際経営大学院に進みました。エースのサポートに感謝しています。

Auckland University Medicien -N.Z.
●鈴井慶貴君
高校卒業後→エースIELTSコース→FSC→MBBS医学コース

医学に興味があったので、オークランド大学の医学部に進学しました。いつか外国で医者になって活躍したかったからです。 エースの留学ガイダンスでは、中国とブルガリアの医学部留学を勧められましたが、アメリカでもなく、イギリスでもない ニュージーランドを選びました。この国はのんびりとしていて、自然が豊かで、勉強に集中でき環境です。さすがに日本人の 医学生は僕を含めて2名しか在籍しておらず、その日本人生徒は来年度はダニデンのオータゴ大学医学部に転校していきます。 NZの医学部で難関とされる UMATという2年生終了時のライセンス試験で、それを全科目でパスしないと医学基礎、臨床には 上がれません。来年受験予定の僕は毎日必死に勉強しています。医学部は試験の連続で、ひとつとして落とせないので寝る暇も ない毎日で大変です。

留学で世界にチヤレンジする

インターネットや、Faceブックで、世界の誰とでも容易につながることができる時代になりました。これは、 人間の歴史の中で革命的なできごとです。すでに、情報の分野では国境の壁が取り払われつつあります。 この時代の若者に今後期待されることは「世界への挑戦と国際社会への貢献」です。英語をマスターして、広い視野、見識と幅広い学問、 そして高度な英語力を身につけることは、この社会を生きていくために必要なことです。
その意味において、留学は人々と出会い、彼らと話すことによって世界を知ることのできるすばらしい取り組みのひとつだとといえます。 若い皆様がいつの日にか世界にはばたき、国際的な貢献をできる日本人に育つためのサポートをエースは惜しみません。 にお客様のご感想が入りますここにお客様のご感想が入ります。

ページの先頭へ