商品名2

ニュージーランドには総合大学が9校、カレッジが25校あります。ニュージーランドの高校生は卒業迄に国の定めたNCEA Level 2&3 を受験して、この結果で大学進学先を決定します。日本人はこの試験が免除されますが、IELTSのスコアが必要です。 3年制(4年制)の総合大学へは、通常ファンデーション・コースからの入学になります。 国立2年制の専修型短期教育機関であるカレッジは、現地ではポリテック・カレッジと呼ばれて多様な実務型教育を受けられるために 進学先として人気があります。このカレッジは、オーストラリアのTAFEやアメリカのコミュニティ・カレッジに相当するものです。 治安が良く、暮らしやすい国として知られるニュージーランドは大学留学先として人気があります。

ニュージーランド大学教育

NZ大学教育

ニュージーランドには総合大学が9校、カレッジが25校あります。ニュージーランドの高校生は卒業迄に国の定めたNCEA Level 2&3 を受験して、この結果で大学進学先を決定します。日本人はこの試験が免除されますが、IELTSのスコアが必要です。 3年制(4年制)の総合大学へは、通常ファンデーション・コースからの入学になります。 国立2年制の専修型短期教育機関であるカレッジは、現地ではポリテック・カレッジと呼ばれて多様な実務型教育を受けられるために 進学先として人気があります。このカレッジは、オーストラリアのTAFEやアメリカのコミュニティ・カレッジに相当するものです。 治安が良く、暮らしやすい国として知られるニュージーランドは大学留学先として人気があります。

ニュージーランドの大学

NZ大学教育

ニュージーランドでは、この国の教育頂点に立つ総合大学群をユニバーシティと称しています。 これらの大学群は、学位の取得を目的とする高度な教育を行っているため、学問を総合的かつ体系的に学ぶことができるため、 将来、政治家、学者、研究者、上級公務員、教師、医師、法律家を目指す学生が学んでいます。 この他に、各都市にはPolitec カレッジと称される高等教育機関があります。Politech カレッジは、主に資格取得の学課教育を行う役目を担い、 職業教育、専門教育、大学上位学年への編入教育を行っています。
先述の大学学士課程は、専攻学科によって文系では3年、理工学系では4年の課程があります。また、建築工学や理学課程は5年制の 学士コースがあるため、規定されてる各学部の取得単位数は専攻によって違っています。
この国の発展の歴史から、国立大学がほとんどであるのが実情です。また、大学はレベルが高く、 ニュージーランド人の学生でも、全員が卒業を保証されているものではありません。

ニュージーランド大学進学の状況

ニュージーランドの高校生は、国によって規定されたNECAというテストに合格して、"University Entrance Certificate" という大学進学資格を取得しないと総合大学へ進学できません。 近年は「国際競争にまさる開かれた大学教育の推進」の提唱のもとに大学はレベルアップを計りオークランド大学が世界ランクに 名を連ねています。どの大学も留学生の受け入れも熱心で、留学フルフィー制のもとで多くの外国人生徒受け入れ枠を拡大 しています。ファンデーション・コースと呼ばれる留学生の基礎科コースもほとんどの大学で開設されました。

Politech(ポリテク)カレッジ

Politachカレッジは、全国で25校開設されています。NECA Level-2以上で入学ができ、全国で20万人以上の学生が在籍しています。 その理由は、学習できる科目の幅が広く、教育内容が実務的でコース修了後の就職が有利なことによります。 現在のニュージーランドで、もっともポピュラーで国民的に人気のある高等教育です。1年間で修了できる専門資格コースから、 2年間の国家技能資格取得コースまでが用意されています。

ニュージーランド大学の授業や学期

ニュージーランドの大学は、通年学期制で1月末、又は2月第1週を開始日として学期が組まれます。 この開始日から6月までを1学期(秋学期)、このあと約1ヶ月の休み(7月中)をはさんで 7月中旬~11月中旬までの2学期(春学期)と続きます。基本的にはこの2学期制(前後期セメスター制)を取っています。
11月後半に後期が終わると次の年度まで夏休みに入ります。1学期と2学期の間の冬休み、1学期、2学期の学期中の短期ブレイク、 テスト前は試験休みがあるので、日本の大学と比べて休みが長いのが特徴です。
学士課程の履修期間は、専攻によって異なりますが、文系学科では3年間で卒業となります。 日本の大学ような一般教育期間が設けられてないので、1年目から専門的な知識を学ぶ専修型の教育となっています。 学科コースによっては、第2学期(7月)からの入学を受け付けているところがあります。夏休みは、一部の大学でサマーコース、 が開催されています。大学はその多くが都市部にあるために、社会人学生のためのパートタイムコースを開設しています。 教育の歴史的要因からイギリスやオーストラリアの大学との交流が盛んです。授業料は、大学、専攻によって違いますが、 一般的に $19,000~$26,000程度で推移しています。

移住の機会が多い国

ニュージーランドは、日本からの居住移民の受け入れに積極的です。日本人が現地の大学を卒業するとニュージーランド居住権申請の点数 (ポイント制で居住権申請ができる制度)を付与されます。特に専攻した学科が、情報、通信、医療、工学である場合は、より高点数がもらえます。 さらに現地の仕事先が見つかると、ポイントが加点される仕組みで、合計60ポイントに達すると、 この国の居住権が獲得できる仕組みになっています。親日国といえるひとつの理由かも知れません。

ニュージ-ランド大学留学のポイント

ニュージーランドの大学では、一般教科課程がないために、大学本科入学後に直ちに専攻科目学習が始まります。 それは、多くの専門書を読むこと、高度な理論を理解することが求められることになります。従って、日本の高校卒業生や、 日本の大学1~2年生からの留学では、ファンデーションコースから入学するのが最適とされます。高校卒業生で留学する方は1年間、 大学1年生~2年生で留学する方は3~6ヶ月間、このファンデーションコースを利用するプランを立てるのが良いでしょう。 ファウンーションコースでは、IELTSの総合学習、英文エッセイや論文の書き方、ノート取り方、議論のノウハウ、専攻のプレスタディ を学ぶことができます。